©Peanuts

©Peanuts

「スヌーピーミュージアムが町田市にやってきたワケとは」

2019年12月13日、スヌーピーミュージアムオープンを翌日に控えたこの日、ミュージアムには鶴間小学校の5年生・6年生が招待されました。地元の小学生が最初のお客様としてやってきた理由には、スヌーピーミュージアムが南町田にやってきたワケが深く関わっているのです。

スヌーピーミュージアムは、米カリフォリニア州サンタローザにある「シュルツ美術館」の世界唯一のサテライト館として、2016年4月に東京・六本木に開館しました。当初から2年半限定としてスタートしましたが、ファンたちからの好評を得て、新たな移転先を探しはじめていました。そんな中、都心から少し離れた落ち着いた環境で、豊かな緑に囲まれた南町田グランベリーパークは、本家サンタローザの風景を思わせる魅力的な環境に映ったということです。

一方、南町田拠点創出まちづくりプロジェクトにおいては、プロジェクトの中核となる、公園と商業施設をつなぐまちの中心「パークライフ・サイト」が、地域と来街者の文化的な活動拠点となることを目指していました。また、町田市では、小学校英語の義務教育化に際し、「えいごのまちだ事業」という名で、町田ならではの英語教育に取り組みはじめていました。

南町田グランベリーパークにスヌーピーミュージアムを迎えたとしたら・・・私たちはイメージしました。原作者シュルツ氏の描いた貴重な原画や、可愛らしいPEANUTSの仲間たちの展示は、子どもたちが“本物”のアートに触れながら楽しく英語を学ぶのに素晴らしい環境ではないか、そして、南町田グランベリーパークに新しい魅力と彩りをもたらすのではないか、そう考えたのです。

ミュージアムの展示を活かした子ども向けの英語プログラムを開発して、2020年度から市内小学校42校のすべての5年生がミュージアムを訪れて英語の授業をする、これが町田市とミュージアムとの約束です。
町田市の子どもたちが楽しく英語を学ぶ場所・・・スヌーピーミュージアムはこの使命を背負って、南町田にやってきました。

鶴間小学校がスヌーピーミュージアムを訪問

オープン前日は、町田市在住の外国人タレント カイル・カード氏も、児童たちと一緒に新しいミュージアムを見学しました。子どもたちは、次々に繰り広げられる、スヌーピーたちの生き生きとした展示に目を輝かせながら、完成したばかりのピカピカの館内を巡りました。

カイル・カード氏が、見学したときの様子や新しいまちへのコメントを寄せてくれました。

2019年の11月に南町田グランベリーパークが“まちびらき”しました。
元のグランベリーモールが大好きだった僕は待ちきれませんでした。
新しく出来たグランベリーパークはとても広くて綺麗、しかも隣の鶴間公園と合体したのは、素敵過ぎます!
ショッピングから一息取りたい時に、素晴らしい自然を楽しめるのです。日本じゃないみたいな雰囲気ですね。
こんなに自然と隣り合わせでショッピング出来る場所って本当にワンダフル!
沢山の外国の方が訪れる事は間違いなしですね!

そして、12月にはパークライフ・サイトにスヌーピーミュージアムもオープンしました!
オープニングには、これから町田市が進めていく「えいごのまちだ」の取組とのコラボを見すえて、鶴間小学校の子どもたちが“初めてのお客さま”としてミュージアムに招待され、僕は彼らと英語でコミュニケーションをとりました。
ミュージアム内で、ちょっとした「ドッキリ」みたいな感じで子ども達にいきなり英語で話し掛けたのです!

彼らはびっくりしながらも元気よく僕の質問に答え、また、僕にも質問したりしてくれました。
とても楽しくコミュニケーションが出来たと思います。
彼らの英語のスキルに正直驚きました。
やはり英語を学ぶのは早ければ早いほど上達するのだと感じましたね。
それに小学校から英語を学ぶなんて偉いし、大事だなと思いました。
彼らのこれからの英語のレベルアップを期待します!

しかし、上達し続けるのに大事な事があります。
それは、英語に興味や楽しみを持ち続ける事なんです。
今回のように、スヌーピーミュージアムでの英語のイベントをやるのはとてもナイスだと思いました。2020年度から、町田市の小学5年生はみんな、スヌーピーミュージアムで英語の校外学習をすることになったそうです。
僕も、実は日本語を勉強しだした頃、日本のアニメにとても興味を持っていて、楽しみながら日本語を覚えたんです。
自分の大好きなアニメを見ながら、少しずつ理解出来るようになるってたまらない気持ちでしたよ!
だから同じく彼らはスヌーピーやピーナッツの仲間たちと一緒に楽しみながら英語を勉強し続けたら、飽きないだろうし、とても楽しく英語を覚えられるでしょう。
スヌーピーミュージアムが彼らにとって、英語を楽しめて、学べる場所や交流できる場になるといいなと思います。

スヌーピーミュージアムが町田市に出来たのがとても嬉しいし、誇りになります。
僕は小さい時からPEANUTSやスヌーピーを見ていたし、好きでしたし、ミュージアム内を巡りながらとても懐かしい気持ちになりました。
まさか僕の第2の故郷・町田にあんな風にスヌーピーがドーン!とやって来るとは!!

これをきっかけに日本の皆がPEANUTSの仲間たちをもっともっと好きになってくれたら嬉しいです。
ミュージアムはとても広くて綺麗だし、隣の鶴間公園もとても魅力的です!
海外からやって来た文化や世界を感じながらローカルの自然や雰囲気を楽しめる素晴らしいコラボです。

まさしく、目で見える&肌で感じられる国際交流ですね!とても素敵です!

これから、スヌーピーミュージアムが、町田の子どもたちにとって大切な場所になることはもちろん、南町田から全国に発信する新たなアート拠点として育っていくことを期待しています。

鶴間小学校5・6年生の生徒たちが、ミュージアムの中山館長にお礼のお手紙を送りました。